トップページ

診療放射線技師法が平成26年6月18日に一部改正が行われ、

平成27年4月1日に施行されました。

具体的には、

 CT・MRI 検査等での自動注入器による造影剤の注入、

 造影剤 注入後の針の抜針・止血や、

 下部消化管検査の実施(肛門にカテーテルを挿入する行為も含 めて)、

 画像誘導放射線治療時の腸内ガスの吸引のためのカテーテル挿入

であり、診療放射線技師の業務内容の拡大です。

以上の業務を行うための絶対条件として、医療の安全を担保することが求められています。

医療安全の確保の観点から、新たな業務を行うに先立って、

(公社)日本診療放射線技師会が実施する研修を受ける必要がある

厚生労働省医政局医事課長より通知( ← クリックでご覧になれます)がありました。

(公社)日本診療放射線技師会としては、「業務拡大に伴う統一講習会」と称し、

2 日間に亘り 実施しています。

 

 

―記―

業務拡大に伴う統一講習会

日 時:平成30 年6 月23 日 24 日(土・日)

場 所:津山中央病院 研修センター2 階講義室

日 時:平成30 年8 月25 日 26 日(土・日)

場 所:岡山大学病院 総合診療棟西棟5 階カンファレンス室

日 時:平成30 年10 月7 日 8 日(日・月)

場 所:倉敷中央病院(予定)

日 時:平成31年  2 月  3  日 10 日( 日 ・日)

場 所:岡山大学病院 総合診療棟西棟5 階カンファレンス室

受  講  料: 会員 15,000 円 非会員 60,000 円

申込方法: JART 情報システム内のイベント申込メニュー から申し込んでください 。

※受講申し込みは JART ホームページの会員情報システムのみとなります。

※受講終了者には、厚生労働省医政局長からの終了証書が授与され、番号を登録されます。

お知らせ